褒め言葉と言う事にしておかないといけないと思うのです、大人的に

2.5次元パラレルシンガーソングライター酸欠少女さユり、1stアルバム絶賛発売中です。
どこか意味ありげな言葉でつづった歌詞を特徴的な声で歌いあげています。
なにより彼女は声が良いので意味ありげな言葉がより一層意味深に聞こえてくるでしょう。
本当に深い意味があるかどうかは別として…。
まあ、その辺は聴き手が勝手に解釈して消化するべきものですので、本当に深い意味が必要なわけではありませんしね。

そんな『個性的』なところをゴリゴリに前面に出した彼女の曲は良いと思います。
が、本人と仲良くしたいかと言うとそうでもないです。
『2.5次元パラレルシンガーソングライター酸欠少女』なんて謳ってしまって、今後彼女が30代~40代と年を重ねてから自分自身で黒歴史的な扱いにしない事を願います。

どうせイタイ事を言うなら生涯言い続けなさいよ!
と言いたい。
もちろんポジティブな意味で。
バカにするとかおちょくってるとか、そんなこと全然ないんだから…。
スポンサーサイト

溜まっているアニメを消費するコーナー

後で見ようと動画にしてあるアニメがどんどん増えてきています。
これを消費しないとハードディスクがパンパンになりそうなのでちょいちょい見ています。
今回『アオハライド』を見終えました、今更ですが。

高校生活を舞台にした恋愛少女漫画のアニメ版です。
アニメ放送の前に映画が公開されているくらいなので、相当に人気な作品なのでしょう。
そんな人気作ですが個人的に気好みではありませんでした。
少女漫画が嫌いなわけでも、恋愛漫画が嫌いなわけでもありません。
ただただこの作品の主人公の吉岡双葉が好きになれませんでした。

吉岡双葉の言動からなにからすべてに『全ての事は私を中心に動いている』感がにじみ出ていました。
軽いものなら許せても、一から十まで全てがそうだとひたすらにウザい娘です。
作品の学生生活を送った中で人間的な成長がほとんど感じられず彼女ひとりだけが頭の中に花が咲いているようでした。
最終回までには好感が持てるような人格になるのかと期待しましたが、結局最後まで嫌悪感しかない主人公でした。
そういうキャラがいないと面白くならないと言うのかもしれませんが、実際にいたら間違いなくウザい娘ですし。
そういうぶっ飛んだ人間がいなくても面白い日常はあるのです、特に学生時代ってときの中には。

とは言え、映画とアニメになるくらいなのですから世間的には受けは良かったようです。
ま、個人的には全く受け付けられませんでしたけど…。

もしもそれをたとえるならば。

ゲームをよくやります。
子供の頃からです。
しかし、夢中でゲームをやっていた頃に比べるとゲームプレイ時間はかなり減りました。
集中力が持続し難い、と言うのもあります。
けれど一番の原因は他にもやりたい事とやらねばいけない事があるからですね。

2~30年前と比べると娯楽の種類が増えました。
劇的に増えたと言うよりは細分化が進んだって言う方が正しいでしょうか?
ゲームにしたって、据え置き型のいわゆるテレビゲームだったり携帯ゲーム機だったりネットゲームだったり。
そこに最近隆盛のスマホゲームが加わって『ゲームが好き』と言ったとしても返ってくるのは「なんのゲーム?」と言う時代です。
ゲームと言う娯楽だけで見てもこれだけ細かく増えてしまっていてはゲームだけに没頭するには面白い事が多過ぎる世の中です。
長時間同じゲームをやり続ける気持ちは今の私には欠けてしまっている事です。

そんな中、アイドルが好きとかアニメが好きとかガンダムが好きとかミリタリーが好きとか。
けっこう狭いジャンルに没頭できるオタクと呼ばれる人たちがいます。
興味のない事に無関心なのはいささかの難ありですが、それだけ一つの事に集中できる事は凄いと思います。

例えるならば、友達の子供たちにお菓子をプレゼントした時、ついさっきご飯を食べたばっかりなのに夢中になって食べ始める感じ…。
さっきのご飯はOUT OF 眼中でお菓子の事しか考えられないあの執着心のような…。
………もしかしてオタク気質って幼児性の一環なのか?

それがダメって言う人がいる事は知っています。

田中千絵が日本のテレビドラマに出演するらしい。
そのドラマは見てないドラマなんでどんな風なんかは分かりませんが。
まさかあの田中千絵が出てくるとはね!

…。
……。
………。
田中千絵って誰?ってポカーンとなってる人も多いかと思います。
知りたければ各々google先生にでも相談して下さい。

さて、『美少女H』でデビューした彼女はまさに美少女でした。
ちょっと鼻にかかるような声をした子だったのを今でもよく覚えています。
そんな彼女も35歳…いや~大人になっちゃって。
あの美少女から”少”が取れちゃって美女になってしまいましたよ。
…いや、それガッカリくるところじゃなかったわ。
美女より美少女の方が好きって人もいるのは知ってますが、私は美女になった田中千絵の方がイイわ。(苦笑

Template Designed by DW99